1. HOME
  2. カテゴリ1
  3. 子供英会話は何歳からはじめるべき? - 親が知っておくべき子ども英会話のメリット

子供英会話は何歳からはじめるべき?

子供英会話は何歳からはじめるべき?

今の子供たちが大人になる頃には、日本でも英会話ができない人のほうが少なくなっているかもしれません。小学校での英語の教科化も、2020年度からはじまります。英語教育の開始時期はどんどん低年齢化しているのです。 そこで保護者として気になるのが「英会話は何歳からはじめるべきか?」でしょう。 でも、何歳からはじめても大丈夫! 年齢別に学ぶべきコツをしっかりつかんでおきましょう。

Mother and two boys playing...

Mother and two boys playing with alphabet puzzles on floor

0歳からでも大丈夫? 子供は何歳から英会話が学べるのか?

「英会話は何歳からはじめるとよいのか」と悩む保護者は少なくありませんが、脳のしくみが完全に解明されている訳ではありませんので明確に何歳からがよいとは言えません。しかし、やはり早くはじめたほうが有利です。

それは、日本で日本人として生まれても、幼児期に英語圏で生活すればネイティブ並みになれることからでもわかるでしょう。
英語の発音やイントネーションが自然と聞き分けられる「英語耳」や、英語を聞いたら頭で日本語に訳すのではなく英語そのもので理解できる「英語脳」も、幼いうちになら問題なく身につけることができるのです。

そこで英会話を学ぶうえで定めておきたいのが、その目的です。
例えば、「将来は通訳や翻訳家に」というケースと、「受験のときに困らない程度に」というケースでは英会話に対する考え方は違ってきます。

まずは日本語をしっかり使えるようになってから第二外国語として英会話に取り組むのもいいですし、「ネイティブ並みに話せるようになってほしい」と強く望むのであれば、赤ちゃんの頃から英語で話しかけるのもいいでしょう。

子供が英会話を学ぶ理由や目的をはっきりさせることで、何歳からはじめるのがベストかというその子に合った答えが出せるはずです。

ただし、耳の機能や脳の発達などと照らし合わせ、どのように英会話を学ぶといいのか、どのようなメリットがあるのかは年齢別に違います。
次の章で見てみましょう。

子供英会話をはじめるメリットを年齢別に知ろう!

英会話ができるようになるには、どの時期に何をどう学ぶかが重要です。お子様の年齢と照らし合わせて見ると、参考になるでしょう。

・0~2歳:ポイントは脳の発達
脳が著しく成長する時期です。日本語と同じように英語を吸収できますので、普段から英語に親しませるのがいいでしょう。

特に赤ちゃんは音の聞き分けに優れているので、英語のCDをかけ流したり、おもちゃなどで英語の音に触れたりする時間を多く持つようにしましょう。
日本人が苦手とされる「R」と「L」の聞き分けなど、英会話に不可欠な「英語耳」も養われていきます。

ただし、この時期は日本語を話すための機能も発達していきますので、英語に触れさせるのは1日30分~2時間程度と時間を決めるのがいいでしょう。

・3~4歳:ポイントはリズム感
まわりがよく見え、大きく成長する年頃です。そのポイントが人のまねごとです。誰かのモノマネをすることでいろいろなことを学んでいきます。

音や音楽に興味が出はじめる時期でもありますので、英語も音を通じて覚えるといいでしょう。また体を動かすことが楽しい時期ですので、ダンスや手遊び歌などと合わせると効率よく身につけることができます。
そのほか、英会話のDVDを見るなどして楽しみながら学んでいきましょう。

・5~6歳:ポイントは英語耳の形成
モノマネ期を過ぎたこの頃の特徴は、まわりの人とコミュニケーションが取れることです。会話のやり取りも増えますので、挨拶や自分の年齢、モノの名前など簡単な英単語の組み合わせで会話ができるようになります。英単語を使って会話する機会を増やしてあげましょう。

また、英語耳の形成に重要な時期でもあるので、正しい発音に触れさせることが重要です。

・小学1~2年:ポイントはコミュニケーション能力
簡単な日常会話ができるようになってきます。身近なものを英語にすることでより英会話に親しみが湧きます。
色や数などの英語表現も覚えることで会話の幅もグンと広がりますし、たくさんの人と会話することで、コミュニケーション能力も鍛えられていきます。

・小学3~4年:ポイントは自信
子供の成長期に現れる、いわゆる「10歳の壁」は英会話にも影響を与えます。10歳の壁とは反抗期の前ぶれのようなもので、体と心に起こる変化です。

特に心に起こる変化としては抽象的なもののとらえ方をするようになります。そのため、英会話もそれに合わせた内容にすると、「10歳の壁」を乗り越えやすくなります。
例えば、大きさや重さの比較、建物の位置の説明など、抽象的な思考が必要な英語表現に触れるようにしましょう。

2020年度より、この年代から学校での英語学習(外国語活動)が必修化されます。英会話ができることで友達や先生からの評価を得ることができれば、自信につながります。
反対に、自分に自信を失いやすい年齢でもあるので、英会話だけではなく心の成長を丁寧なサポートで見守りましょう。心の成長によって、英語力もグーンと伸びる可能性があります。

・小学5~6年:ポイントは多彩な英語表現
より実践的な英会話ができる年頃です。さまざまなシーンを想定し、多彩な英語表現を学ぶことがおすすめです。疑問形や現在完了形などを使いこなすことで、より会話が広がります。

2020年度からは、この年代で英語は成績のつく正式教科になります。英語での表現力に加え、英語の基礎力を鍛えることも欠かせません。

・中学生以上:ポイントは海外の文化やライフスタイル
基本的な英語表現に加え、海外の文化やライフスタイル、芸術などに興味が湧く年代です。
また英語でディスカッションや討論をすることで、より自信を得られます。文法をしっかり学び、大人になっても使える英会話力が身につくようにレベルの向上、視野の拡大を目指すようにしましょう。

中学校以降の授業は、原則オールイングリッシュになります。身につけた英会話力を活かして、積極的にコミュニケーションを図りましょう。
Young teacher teaching chil...

Young teacher teaching children and smiling in the classroom

英会話を学ぶ方法は英会話教室? オンライン? 教材で?

これまで英会話を学ぶことについて紹介してきましたが、それではどこで英会話を学ぶといいのでしょうか。

一般的には、英会話教室やオンライン英会話レッスン、教材での自宅学習などがあります。
もちろんそれぞれに特徴がありますので、紹介していきます。

●英会話教室の特徴

子供英会話教室ではグループレッスンで学ぶことが多いようです。同年代、同レベルの子供たちに混ざって、楽しく英語に触れていくことで英語への親近感を得ていくことができます。

レッスン内容は、楽しく英会話を学ぶプログラムやハイレベルな英語を身につけられるプログラムなど、子供英会話教室によってさまざまです。お子様の年齢や英語を学ぶ目的、英語力などに合わせてレッスンプログラムを選ぶことができます。

なお、「話す」「聞く」「書く」「読む」の4技能をバランスよく学べるだけでなく、文法や表現力もしっかり身につけることができる内容のレッスンプログラムがおすすめです。

●英会話教室を選ぶときに失敗しないポイント

英会話教室はコミュニケーションの場ともなります。料金だけで選ぶのではなく、教室の雰囲気やインストラクター(先生)の印象などを親子で確かめながら選びましょう。

そこでおすすめなのが無料体験レッスンです。レッスンを受けてよければ入会するという流れになりますので、気になる英会話教室があれば体験してみるといいでしょう。
窓口や電話で直接申し込むこともできますが、ホームページ上で受け付けしている英会話教室なら、最寄りの教室を検索して手軽に申し込むことが可能です。
また、口コミやママ友の評判なども要チェック。体験談を聞くことで、自分の子供でも大丈夫かイメージすることができます。

ちなみに、インストラクターは日本人の場合と外国人の場合があり、どちらを選ぶのがいいのか迷う保護者も多いですが、それぞれにメリットがあります。理解しておくと安心です。


・日本人インストラクター
日本語を理解しているので、子供が困ったときにつぶやくひとり言などを見逃さずにしっかりフォローしてくれます。また、子供も安心して打ち解けることができますし、保護者との意見交換もスムーズです。

・外国人インストラクター
ナチュラルイングリッシュスピーカーによる発音がしっかりと英語耳を育ててくれます。コミュニケーション能力にも優れていますので、外国人への恐怖心もなくなります。

●オンライン英会話レッスン

インターネットを通して無料でビデオ通話ができるソフトを使い、主にマンツーマンでレッスンを行います。教室に通うことなく、どこでもできるのが大きな特徴です。
外国人の先生とのマンツーマンレッスンがほとんどです。そのため、正確な発音が身につきやすいですし、レベルや進度などお子様の英語力に合ったレッスンが受けられます。価格も気軽にはじめやすいリーズナブルな設定になっていることが多いようです。

●教材での自宅学習

英語の教材を購入し、独学で英語を学ぶ方法もあります。ただし、どのような教材を選ぶのか、その教材が子供のレベルに合っているのか、子供にやる気はあるのかなど、保護者の判断で行わなければならないことが多くなります。
学習時間は空いている時間を使えるなど便利な面もありますが、その分、根気よく続けていく必要があります。

子供が楽しく英会話を学ぶために保護者ができること

子供の習い事は何でもそうですが、自分から「やりたい」という気持ちを持って臨んでいるかどうかが鍵となります。そのために重要なのは「楽しい」と思えるかどうかです。

教室や友達、インストラクター(先生)たちの雰囲気ももちろんですが、保護者が楽しんでいる様子も子供のやる気につながります。
もし英語が苦手でも決してネガティブなことは言わず、子供の英語力がどんどん上がることを一緒に楽しみましょう。

また、家庭で英語のDVDを観たり、CDを聞いたりするときも一緒に楽しむことで、子供は安心して取り組むことができます。

日常的に英語に触れ合えるような環境づくりも保護者ができることです。
移動中に英語の看板を見つけて、アルファベットのクイズを出すなど、興味を継続させられるように保護者も日ごろから意識しましょう。
こうしたちょっとした工夫が、子供の英語力を大きく成長させるのです。

まとめ

英会話ができるようになるには、早くからはじめるのに越したことはありません。とはいえ、何歳からはじめても遅くはないのです。その年齢に最適な方法で英語を学んでいきましょう。

保護者としてもできることはたくさんあります。サポートを惜しまず、長い目でお子様の英語力を育てていきましょう。そのコツは、保護者もお子様も「楽しみながら」です。

COCO塾ジュニアのレッスンクオリティを体感してください

資料請求については、こちらからお申し込みください

お電話でのお申し込みはこちら

24時間受付中
0120-339-212