1. HOME
  2. カテゴリ1
  3. 子供英会話をはじめたい!いつからがベスト? - 親が知っておくべき子ども英会話のメリット

子供英会話をはじめたい!いつからがベスト?

子供英会話をはじめたい!いつからがベスト?

「子供に習わせたい習い事」で常に上位にランキングされるのが「英語」「英会話」です。「英会話は早くからはじめた方が身につく」などとも言われていますが、何歳からはじめればよいのか悩んでいる方も多いでしょう。 そこで今回の記事では、英会話はいつから習うのがベストなのか、について紹介していきます。

Parents and girl holding al...

Parents and girl holding alphabet toy

子供英会話をはじめるメリットは?

「中学・高校と6年間も勉強したのにどうして話せないのだろう?」
英語を話せないパパ、ママの中にはこんなふうに感じている方も多いのではないでしょうか。とはいえ、普段の生活の中で英語の必要性が特別高くない今の日本では、英会話ができなくてもそれほど不便ではありません。
しかし、これからグローバル化がより進むと、そうは言っていられません。
使える英会話を身につけるには、たくさんの英語に触れることが不可欠です。


英語圏の子供たちが小学校入学までに英語に触れる時間は約2万数千時間もありますが、日本の学校教育における英語の学習時間は、小・中・高・大学の間で1,000時間にも達していないという報告もあります。(※1)学校で6~10年間にわたり英語を勉強しても、英語に触れている時間が少ないので、それだけではなかなか話せるようにはならないのです。

このように、英語に触れる時間が足りていないことに加え、英語を話せる“能力”が育たないのも、日本人が英語を話せないひとつの要因です。文法や単語の知識があっても、それを会話の中に生かせるとは限りません。英語で会話するためには、英語を聞き分ける「英語耳」や、英語で聞き英語で考えて英語で話す「英語脳」が身についていることが必要です。
子供のうちは脳が柔らかく、いろいろなことを吸収します。ですから、早いうちに英語を習いはじめるとこれらの能力が鍛えられ、英会話ができる可能性が高くなるのです。

また、2020年度には、現在は小学5年生から行っている外国語活動が小学3年生からに早められ、小学5~6年生では外国語(英語)が正式教科となり、授業も週2コマに増えます。中学校の授業では日本語を使わない英語のみの授業も開始される予定になっています。(文部科学省発表「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」より)
早くから英語に触れて英語耳や英語脳を身につけておけば、グローバル化が進むこれからの時代にますます重要性が高まる英語に対応することもできるのです。

年齢によって学ぶ方法を変える?英会話の年齢別学習法とは?

前章では英会話を早くはじめることのメリットについて紹介しました。次にこの章では、年齢別にどのような学習をするべきか解説していきます。


(1)生まれてから1歳くらいまで
1歳頃までは話す、書く、読むといったことはもちろんできませんが、音を聞き分ける能力は優れています。そこで、英語のCDやDVD、おもちゃなどで歌を通して英語に触れさせてみてはいかがでしょう。
ただし、早くから英語に触れると日本語の発達に影響が出るケースも考えられるとも言われています。1日30分~2時間くらいを目安に、英語に触れる時間をある程度決めておきましょう。

(2)2歳~4歳くらいまで
耳から入ってきた言葉をそのまま話せるようになり、ぐんぐん英語力が伸びていく頃です。適切に褒めてあげることができれば、さらに英語への興味が湧いてくるはずです。
一方で、身体も思うように動かせるようになり、動くことが楽しくてしかたがない頃なので、この時期はリズムや音楽と一緒に英語に触れさせるといいでしょう。身体を使って学ぶことで英語がより楽しくなりますし、脳への刺激も促されることでしょう。

(3)5歳~6歳くらいまで
興味の対象が広がり、好奇心も旺盛になってくる頃です。自分でいろんなことに挑戦したい気持ちがありますので、その意欲を活用するのがひとつの手です。
子供英会話教室に通い、英語に接する機会を持たせると、より英会話の楽しさに興味を持ちはじめます。同じ年代のお友達と英語で挨拶をしたり、ゲームをしたりするなど英語でのやり取りにも楽しさを覚え、コミュニケーション能力も磨かれていきます。
また、小学校就学を控えている時期ですので、ひらがなや数字の書き取りと同様にアルファベットの書き取りや絵本を読むことなどにも挑戦させてみましょう。「聞く」「話す」に「読む」「書く」を加えていくことで、英語力をバランスよく伸ばせます。

英語を学ぶときのコツは「楽しむこと」

子供の習い事は何でもそうですが、楽しむことが上達のコツです。親としては「こうあるべき」「こうなってほしい」という願いもあるものですが、苦痛を伴うものから逃げたくなってしまいます。まずは子供が楽しめる環境を整えてあげましょう。

さらに重要なのは、子供に「やらされ感」を持たせないことです。この気持ちが出てくると何も長続きはしません。特に就学前のパパ、ママは「楽しい姿が見られたらいい」というくらいの気持ちでいることがおすすめです。子供が自主的に英会話を楽しめる環境を整えて、あとは親がどんと構えている方が子供は自然と伸びていくものです。

「好き」になるための第一歩は、子供が「英会話って楽しい!」と思えることです。子供がこの第一歩を自然に踏み出せるようにするのが親の努めかもしれません。

子供英会話教室の選び方のポイントは?

英会話を学ぶのに最も有効なのが、「子供英会話教室」に通うことです。そこで、この章では子供英会話教室を選ぶ際のポイントについて取り上げましょう。

最初のポイントは、「年齢に合ったカリキュラムを持っているかどうか」です。大人と違って、子供にはそれぞれの年齢で興味の持ち方や脳の発達具合が違っています。そのため、年齢に合わせたレッスンをしてくれるかどうかは非常に重要なのです。
どれだけネイティブと触れ合っても、子供のレベルに合った教え方でなければ何の意味もありません。子供のレベルに合わせたカリキュラムを持っているか、まずは見極めましょう。

また、英会話は一生使っていくものですから、その基礎をしっかり教えてくれる教室を選びましょう。通う前からこれらの情報を得るのは難しいですが、例えば長く通っている生徒が多い、といったことがチェックポイントになります。幼稚園の頃から通い始めて、高校生になっても通っているという生徒がいる教室は「一生使える英会話を教えてくれる」と見ていいでしょう。

子供英会話教室を選ぶ際、無料体験レッスンがある場合は必ず利用しましょう。このときに教室内の雰囲気はもちろん、先生(インストラクター)やスタッフの接し方、他の子供や保護者の様子もチェックしてみてください。楽しんでレッスンをしているか、先生(インストラクター)の教え方は適切かなど、ご自身の子供に適しているかチェックしましょう。

また小さなお子様を抱えて外出するのは大変ですよね。忙しいパパ、ママたちには、時間にも制約があります。子供が英会話を長く続けるには、親であるパパ、ママのモチベーションも大切です。無理せず通えるかどうかも事前にしっかりシミュレーションしておきましょう。

【まとめ】「子供英会話をはじめたい!いつからがベスト?」

子供英会話は子供の年齢がなるべく早いうちからはじめるといい、ということがおわかりいただけたと思います。ただし、0歳からはじめないとダメだという訳ではありません。何歳からはじめても遅くはなく、英会話を身につけることはできます。お子様の年齢に合った英語学習方法を知り、親が環境を整えてあげることで、子供はのびのびとその能力を伸ばしてくれるでしょう。

COCO塾ジュニアのレッスンクオリティを体感してください

資料請求については、こちらからお申し込みください

お電話でのお申し込みはこちら

24時間受付中
0120-339-212