1. HOME
  2. カテゴリ1
  3. 子供英会話を身近に!今日から使えるフレーズを紹介します - 親が知っておくべき子ども英会話のメリット

子供英会話を身近に!今日から使えるフレーズを紹介します

子供英会話を身近に!今日から使えるフレーズを紹介します

少し前までミルクを飲んでいたと思ったら、歩きはじめ、そして言葉を話すようになるなど、子供の成長スピードには目を見張るものがあります。そんなめまぐるしくすぎていく育児の中で、子供に英会話を身につけるさせことは簡単なことではありませんよね。 しかし、子供にとって、日常生活で英語を使って慣れ親しんでいると、英会話の力はぐんぐん伸びていくことでしょう。そこで今回は、英語が苦手なパパ・ママでも話せる日常的な英会話を紹介します。お子様を普段からたくさんの英会話に触れさせるには、パパとママの協力も必要ですよ。

子供に英会話を身近に感じてもらうには?

「うちの子は早くから英会話を習っているので大丈夫!」
こんなふうに思っているパパ・ママはいませんか? せっかく習った英会話も、使わないと忘れてしまうのは大人も子供も同じです。そこで英会話を上達させるために日常生活からぜひ取り入れてほしいことをご紹介しましょう。

すぐにできることでは、テレビやDVDを英語で見ることもおすすめです。例えば、アニメ映画をレンタルし、1回目は日本語で、2回目は英語で見るのです。子供は同じものを何回も見たがるものなので、そういった特徴を上手く利用することで英語と触れあう時間を増やすことができます。おもちゃで遊んでいるときに英語の音楽を流すのもいいでしょう。
すでに英会話教室に通っているお子様の場合は、レッスン内容をしっかり復習することです。パパとママでお手本を見せてから子供にさせると、家族で楽しみながら復習ができます。

さらに、より上達のスピードを早めてくれるのが、日常会話を英語に切り替える方法です。パパやママが普段から英語で語りかけることで、子供の英語力は飛躍的に向上することでしょう。
英語が苦手なパパ・ママでも日常会話に取り入れられるフレーズもたくさんあるので、まずは簡単なものから使ってみましょう。

英語が苦手な親でもすぐに使えるフレーズは?

日常会話を英語にするのは、英語が苦手なパパ・ママにしてみると大変なことです。でも相手は子供です。難しいフレーズは必要なく、あいさつなどのシンプルな言葉で語りかけてみましょう。
では、具体的に朝から夜までに子供に声をかけるときに使える英会話のフレーズをご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてください。
【①起きてから朝ごはんまでに使えるフレーズ】
・起きる時間よ!
「It’s time to wake up.」
※wake upは「目を覚ます」という意味です。「It’s time to get up.」も同じように使いますが、この場合は「体を起こす」という意味になります。目を覚ましているけれど、なかなか起き上がってこないという場合に使いましょう。

・着替えようね!
「Let’s get dressed.」
※get dressedは「着替える」という定番フレーズです。小さなお子様でしたら「しようね」というLet’sを使って促してみてはどうでしょう。

・顔を洗おうね!
「Let’s wash our faces.」
※washは洗うですが、その後に続くour facesを入れ替えることで幅広く使えます。例えば、「Let’s wash our hands.」で「手を洗おうよ!」となります。便利な表現ですので、覚えておくといいですよ。

・ごはんを食べようね!
「Let’s have breakfast.」
※haveではなく、eatでも同じ意味です。昼食はbreakfastをlunchに、夕食はdinnerに変えれば同じように使えます。

・よく寝られた?
「Did you sleep well?」
※Did you~well?で「よく~できた?」という意味になります。こちらもいろいろなシーンで使えます。「Did you have a good sleep?」でも構いません。

【②家を出かけるまでに使えるフレーズ】
・準備はできたかな?
「Ready to go?」
※直訳すると、「行く準備はOK かな?」です。「Are you ready?」でも大丈夫です。こちらはどんなときでも使えます。

・忘れ物はない?
「Do you have everything?」
※have everythingは「すべてのものを持つ」という意味で、「Do you have everything?」で「忘れ物はない?」という意味になります。

・傘を持って行きなさい。
「Take bring your umbrella.」
※この前に、「It’s raining.」を付ければ、「雨が降っているよ」という意味も付け足すことができます。

・行ってらっしゃい!
「See you later.」
※英会話には「行ってらっしゃい」という意味のフレーズがありませんので、「またあとでね」という意味の「See you later.」を使うのが一般的です。この他には、「気をつけてね」という意味の「Take care.」を使っても問題ありません。

【③帰ってきてから夕方までに使えるフレーズ】
・おやつ食べたい?
「Do you want a snack?」
※日本語の「おやつ」に当たる単語がsnackです。「おやつを食べよう」と言うときはLet’sを使って「Let’s have a snack!」となります。

・楽しかった?
「Did you have a good time?」
※直訳すると「楽しい時間を過ごした?」となりますが、帰ってきたお子様に使う場合は気軽に「(幼稚園/学校は)楽しかった?」となります。

・おもちゃを片付けてね。
「Can you put your toys away?」
※put~awayは「しまう」という意味です。「Let's clean up.」でもOKです。どちらも子供をしつける際に使えますね。しっかり覚えておきましょう。

【④夜寝るまでに使えるフレーズ】
・お風呂の時間よ。
「It’s time to take a bath.」
※It’s time to~は、何にでも使えますね。他にも、It’s time to go to bed.で「寝る時間よ」となります。

・明日の準備をしましょう。
「Let’s get ready for tomorrow.」
※get readyで「準備をする」です。Let’sで「準備をしましょう」となりますが、Pleaseでもほとんど同じ意味です。ただ「Get ready for tomorrow.」となれば命令形なので、「準備しなさい」となります。怒っているときに使えます。

・おやすみ
「Good night.」
「Sweet dreams.」と言うと、「いい夢を見てね」と優しさもプラスすることができますよ。

英会話フレーズを使うときのコツ

Free photo: English, English Language, Language - Free Image on Pixabay - 2724442 (160)

子供と英会話をはじめる際は、難しいフレーズを使わないことがコツです。単語からはじめ、徐々にフレーズに移行していくのもいいでしょう。子供もそうですが、英語が苦手なパパやママも一緒に成長していくことができますよ。

また、上手に答えを言わせてあげるのも上達につながります。最初は「Yes」や「OK」などの返事をさせるくらいからはじめ、そのうちに「Which do you like better, A or B?」で「どっちがいい?」と聞くなどして、話す単語を増やせるようにしてあげます。
その後、「Do you like~?」「What do you like~?」などに移行すれば、考える能力も養うことができます。また、このときもあらかじめ返答例を教えてあげると答えやすくなります。

英会話を続けるためのポイントとは?

英会話を続けるためには、楽しさと上達を子供が感じられることがポイントです。そのためには、日常の生活に少しずつ英会話をなじませるなどして、英語に触れる時間を増やしていきましょう。パパ、ママが意識的に毎日繰り返すことで、徐々に子供も使えるようになっていくはずです。

もちろん、上手に話せたら褒めることも重要ですね。「英語できちんと話せたら褒めてくれる」と子供が思うようになったら、上達がより早まることもあります。一方、忘れたり、間違えたりすることもあります。その場合は叱ったりせず、ヒントを出すなどして自分で答えにたどり着けるように助けてあげましょう。

英語が苦手な大人は、「伝わらないかも」「間違えているかも」と思い込んでしまい、外国人に話しかけることはあまりしません。これがより英会話を苦手にしてしまう要因です。「間違えてもいいから話す!」という気持ちを持つことで、英会話への苦手意識がなくなります。
ですから、子供が英語で答えられなくても、間違えても、見守り、手助けしてあげましょう。英会話を続けるには、モチベーションを維持できるようにサポートしてあげることが重要なのです。

【まとめ】 子供英会話を身近に!今日から使えるフレーズを紹介します

英語が苦手なパパやママにとって、日常の生活に英語を取り入れることはハードルが高いかも知れません。しかし、普段から英語に触れることで子供の英会話スキルは上達します。親子で一緒に成長していくつもりで、ご紹介した簡単なフレーズからはじめましょう。子供も楽しんで英会話に取り組んでくれるはずです。
Free photo: English, English Language, Language - Free Image on Pixabay - 2724442 (161)

COCO塾ジュニアのレッスンクオリティを体感してください

資料請求については、こちらからお申し込みください

お電話でのお申し込みはこちら

24時間受付中
0120-339-212